スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    アンティークの腕時計

    0

      腕時計(お値段はナイショ)
      BULOVA社(アメリカ)1950年代製


      私は長〜いこと腕時計つけてません。
      前につけていたものは仕事で必要だから、と
      グァムの免税店で昔買ったものだったかな。
      壊れてからは腕時計持ってません。
      何年くらいだろう。
      携帯電話あるから必要ではないし。
      今の仕事は時計も指輪も邪魔なだけだし。
      必要ないなー、この先もずっと。
      と、思ってました。


      先週、お休みもらって久しぶりに海外行って、
      のんびりリフレッシュしてきたときに、
      風の肌触りとか、波の音とか、自然の音の中、
      1分1秒がなんて素敵なんだろう、と感じちゃったんですよね。
      私はあとどれだけの素敵な1分1秒を経験できるだろう。
      どれだけその素敵さや貴重さに気づけるだろう。
      時間が愛おしく感じました。




      そういえば若いころ「30才になったら一生モノの時計を手に入れる」
      って決めていたじゃない。
      30才すぎて、いろいろ探したけど、ピンとくる時計に巡り会えなくて、
      いつの日か探すことを諦めていたじゃない。
      忘れていた記憶が蘇ってきました。


      よく通る道沿いにアンティークの時計屋さんがあります。
      興味あったけど、仕事ではもう必要ないし、今更だよねー、と
      入ったことはなかったけど、なんだか気になっていた店。
      思い切って入ってみました。
      そして、入り口の真正面にディスプレイされていたこの時計に一目惚れしました。


      アメリカ製…あまりピンとこない。
      時計はヨーロッパだと思っているし。
      だけど気になって仕方ない。
      60年前の手巻きの時計。
      華奢で品があって私の人生より長い時を知っていて。
      見れば見るほど引き込まれていく私に、店長さんが言いました。

      「いろんな時計を見て触れてゆっくり考えて、
      それでも、と思ったらまたいらしてください。」


      あー、今すぐ買っちゃうのは勇足、ってことですよね?
      私、いま出会ったばかりの時計の美しさに引っ張られているだけですよね?
      なんてヨガな店長さんなんだろう。
      後ろ髪引かれながら帰宅。


      瞑想して、ヨガして、また瞑想して、断捨離して、じっくり考えました。
      もちろんいろんな時計も見てみました。


      結果、2日かけて出した答えは
      旅先で触れた時間を忘れてしまわないためにも、今の気持ちであの時計が欲しい。
      作った職人さん、大切に使ってきた昔の持ち主さん、大切に時計の命を繋いできた職人でもある店長さん。
      関わった全ての人に感謝して、我が家に迎えて、心をこめて使わせてもらおう。


      掃除して入浴して、身支度整えてから再び時計屋さんに行きました。
      店長さんと話しながら時計を見ていると、この時計に関わったすべての人の想いが胸に熱く刺さって、店頭でまさかの号泣。
      店長さんもびっくりしたことでしょうが、涙流してる自分自身が一番びっくり。
      すみません…。


      そんなこんなで私のもとにやってきた腕時計。
      手巻きだけど、24時間以上動くし、ほとんど誤差もない。
      仕事で必要ないのが残念です。笑



      小さな小さなダイヤモンドが埋めてあるのも素敵。



      さ。
      この時計が似合う綺麗な手になるべく、この冬は肌のお手入れ頑張りますよ!
      オトナになったなー、って気分。
      (オトナ通り越した年齢だけど。笑)

      posted by: マサミュ。 | - | 19:00 | comments(0) | - | - | - |

      小ぶりのアイロンなど。

      0
          
        昔のアイロン 5ユーロ(製造元不明)
         
         
        お久しぶりの更新です。
        GW真っ只中に日本に引き揚げ、
        あれよあれよという間に秋。
        一夏過ぎて、やっと生活サイクルが落ち着き、
        やっと先日荷解きを。(遅っ!)
         
        で、イタリアの蚤の市で買ってきたものも、
        部屋にちょこちょこ散りばめつつ、
        新生活を送っているところです。

        で、このアイロン。
        ちょっと小ぶりサイズなんですが、
        模様がとにかく気に入って。
        どうせアイロンとして使うわけじゃないんだし、
        小ぶりでもいいんじゃないか、見た目よければ、と。


        なんとか片手で持てる重さなので、
        蚤の市から持って帰るのもセーフだったし。


        手のひらサイズ、な感じ。

        難を言えば、この真上からの写真でわかるように、蓋が若干ズレていて、
        本体に重ねてもすぐにカックン!とズレ落ちてこんな具合になっちゃう。


        うーん、なんだか格好よくないなあ・・・。


        で、別の日に蚤の市で見つけたコレを。

        鍵 1ユーロ


        ちょうど色や風合いがアイロンとぴったりで。
        この鍵をこんなふうに挟んでみました。

        アイロンに鍵、って変っちゃ変だけど・・・まあいいか(笑)

        蓋、ちょうどいい感じに本体に重なってるっぽく見えるし。



        さて、このアイロンをどこに飾ろう・・・。

        いろいろ悩んだ結果、東京の新居のとある場所に、
        他のモノらと一緒に並べてみました。



        そう、この部屋です。
         


        アイロンに鍵、って組み合わせも変だけど、
        トイレにアイロンってのも変だよね。
        実は中にはこんなものが入ってます。


        お花のカタチの芳香剤。
        トイレの消臭剤や芳香剤って、あのビジュアルが嫌いで。
        いかにも芳香剤、っていう、あの感じがね。
        このお花のはお部屋用の芳香剤で、
        ガラスの器に入れて、香りのエッセンスを振りかけておくタイプの。
        今は1個ですが、あと2個くらいお花を増やしてもいいかも。
        芳香剤のビジュアル問題はこれで解決、自己満足。

         
        トイレの棚の上の他のモノたちもついでに紹介。


         
        パンくず回収機 4ユーロ



        これも古いもの(製造年不明)で、
        でも近年多いプラスチック製とは違って、いい味出してるなあ、と購入。
        なんだけど、ブラシが古すぎてケバケバしちゃってて、
        パンくずを集めることがすでにできない状態。


        ブラシだけ取り替えようにも、同じサイズのブラシが見つからず、
        パンくず集めとしてのお役目を諦めた結果、
        行き場がなくなってしまって、なんとなくココに並べた、っていう。


        これらと一緒に飾ってある地図はイタリア、ロンバルディア州。

        トイレの中で本を読む習慣はないのですが、
        これは毎回ついつい見入っちゃって、なかなか楽しい♪


         
        こんな具合に、これまでこのブログで紹介してきた戦利品らも、
        新居のあちこちに散りばめてあります。
        イタリア生活のいい思い出が部屋のあちこちにあって、
        持ち帰ってきて本当によかったなー、と思ってます。


        更新、引き続き不定期でしょうし、次回はいつかまったく不明ですが
        またなにかモノ自慢したくなったらひょっこり更新するとします。

         

        posted by: マサミュ。 | - | 23:02 | comments(0) | - | - | - |

        イタリアっぽい色の布地

        0
           

          ハギレ 62cm×86cm 0.50ユーロ 


          イタリアっぽい色??と思われてしまうかな。
          どこが?なにが?とつっこまれてる気が(笑)
          なんかアパートの外壁の色っぽいなあ、と思って。
          こういう色のアパート多いです、で大好きです。
          イタリアで2件の家に住みましたが、どちらもたまたま偶然に、
          この色の外壁でした。
          ちなみに布は薄い緑と薄いピンクの色違いがありましたが、
          やっぱりこの黄色がダントツに好きで。
          めちゃめちゃ安いんだけど、これしか欲しくないぞ、って感じで。

          さて。

          実は今月末でイタリアを引き払い、5月からは日本で新しい生活を
          始めることにしたのです。
          イタリアでなにより楽しみだった蚤の市通いができなくなるのは
          寂しいですがいろんなガラクタを発掘しましたし、
          可能な限り日本に持ち帰って使い続けるつもり。
          蚤の市の思い出や雰囲気を想いながら暮らしていけそうです。
          だから、最後に思い入れの強い色の布地を買っちゃったのかな、とか。

          まだ帰国までは2週間ほどありますが、
          帰国前の最後の旅に出るので、もうこれが最後になるのかも。
          行けたら、ぎりぎり直前にもう一回ぐらい行きたいですけどね。
          そんなわけで、イタリアからの更新はこれにて一区切り。

          が。

          まだブログにupできてないものも少しあるし、
          日本でももちろん蚤の市があれば出かけて行く気マンマンですのでね。
          帰国後に落ち着いてから改めて、こちらも再開できれば、と思ってます。

          この黄色い布を買った帰り道に友人が
          「引越し準備なんかで手が荒れるだろうから使って。」
          と、オリーヴオイルのハンドクリームをくれました。

          オリーヴの力と、彼女の思いやりを手にすりこんで、
          引越し準備がんばるとします。

          では、また夏が訪れるころに再開・・・たぶん!



          posted by: マサミュ。 | - | 10:40 | comments(0) | - | - | - |

          クッキーの型

          0
             

            クッキーの型8個セット 1ユーロ(中国製)

            これは去年、クッキー作りにハマった時期に買ったもの。
            クッキー作りにハマると危険。
            作る→食べる、食べる、食べる、食べる、食べ終わる→作る→・・・・・
            という魔の連鎖の末に体重増加、という現実。
            で、クッキー作りブームから脱出するわけですよね。

             
            昨年の第一次クッキーブームまでは、1つしか型を持っておらず、
            小さな一口サイズの同じクッキーを作り続けてたんです。
            他の、できればもうちょっと大きな、普通サイズの型が欲しいけど、
            まあわざわざ買ってしまうとまた太る、と探すことはしませんでした。
            けど、蚤の市でたまたま、しかも新品で8個も入ってて1ユーロとか、
            生産国がどことか、どんな形の型が入ってるとか、
            いちいち確認せずに、そりゃ当然買っちゃいますよね。
            なんかパステルカラーも可愛かったし。
            そんなわけで、帰宅後にいちいち確認してみました。

            ブタさん(?) & ちょうちょ


            金魚(?) & にわとり


            くじら & 鳩


            で、最後に私のお気に入りコンビ。
            ネコ & クマ


            8個もあれば中には微妙なものも含まれてますけどね。
            というかもう、お気に入りコンビ2種類しか使ってませんけどね。
            くじら型とかちょっと可愛いけど、日本人が海外でクジラとか食べてると
            シャレにならない気がしますもんね、なんとなく。


            しかしネコ型、いいなあ。
            この曲線のネコ的な怠惰っぽさとか、しなやかさとか、すごくでてて。
            なんか好きだなー、この感じ。
            同じネコでもキティちゃんには出せない、このネコらしさ(笑)


            クマ型は、昨年のクリスマスに飾ってみたり。

            あ、私、旧姓に「熊」って字がつくんです。
            子供の頃とか、若かりし頃は、なんだか強そうで怖そうな気がして
            あまり好きじゃなかったんですが、大人になって、あるとき外国の方に
            自己紹介したところ、「ティディ・ベアみたいで可愛い苗字ですね」って
            言われて以来、きゃはー♡可愛いかも〜♪とか思うように(←単純)。
            そんなわけで、ありふれている型ですが、クマ型は選抜入り。

            そうそう、クリスマス前に、部屋に飾る用だとか、
            食べる用だとかに作り始めたら、第二次クッキーブーム到来。
            秋に痩せてイタリアに戻ってきたのに、体重戻して年を越しました。

            クッキーブーム、おそるべし。

            posted by: マサミュ。 | - | 06:17 | comments(0) | - | - | - |

            小さな飾り。

            0
               

              小さな飾り 10個でたぶん2ユーロ


              毎年12月上旬ミラノで、いわゆるクリスマスマーケット風な感じの、
              「oh bej oh bej(オベイオベイ)」なるマーケットが開かれます。
              これは昨年のそのマーケットで買ってきたもの。
              「たぶん2ユーロ」というのも4ヶ月前の記憶が薄れているため。
              とにかく「10個で??ホント??安い!」
              と、夢中で箱の中から自分好みのデザインを探した記憶は鮮明です。


              大きさはこれくらい。

              小さいけど、1つ1つの柄とか、ちゃんとしてて素敵。
              ストラップにつけるとか、
              アクセサリーにしてもいいし、
              プレゼントのリボンにちょっと添えてもかわいいかも。


              安いけど、ちゃんと裏も表同様の柄があります。
              輪っかに喰らいつくけなげなお魚さん。


              こういう小さいモノが大好きなもので、
              屋台で箱(3箱あった)から好きなものを探し出す作業がホント楽しくて、
              寒空の下、けっこうな時間を費やしました。
              10個で、っていうお値段設定のおかげですよねー。

              さ。何に使おう♪





              posted by: マサミュ。 | - | 07:00 | comments(0) | - | - | - |

              レモン搾り。

              0
                 

                レモン搾り 1ユーロ (イタリア製 ステンレス)

                レモン搾りもいろいろありますが、
                ステンレス製のこのタイプのって見たことなかったです。
                陶器のは私の場合、割ってしまうリスクが高いので、
                かわいいなー、と思っても手にすることはなかったのですが、
                これならいいかな、と。

                 
                上部を外すとこんなかんじ。

                だいたい100ccほどの容量です。
                レモン1個分なら余裕ですね。


                早速試したいところでしたが、レモンがなかったのでオレンジで。
                断面の直径、ギリギリセーフ。


                搾ったあと。(美しくない画像ですみません。。。)


                なかなかよく搾れましたが、
                せっかくの初使用なのに、種無しオレンジだったことが残念。
                搾り器要らなかったんじゃ?っていうね。


                お味は美味しゅうございました。

                あると使おうと思うし、
                市販のオレンジジュース買うよりきっと美味しいし。
                果肉も楽しめるしね。
                よしよし。


                おまけに、搾ったあとの皮がキレイなままなので、皮もアレンジして
                大好物のおやつに変身させることができました。

                いいかも〜!







                posted by: マサミュ。 | - | 06:00 | comments(2) | - | - | - |

                お魚の型など

                0
                   

                  焼き菓子用の型 各1ユーロ (製造元不明)


                  なんとなく、鯛焼きの記事を読んだ直後だったせいか、
                  お魚型に惹かれて購入。
                  ついでにハートとクローバーも。

                   
                  お魚、鯛焼きを作るにはかなり大きいのです。
                  長さ9センチの洗濯バサミ×3個分。



                  ええ、もちろん買ってすぐに鯛焼きを試しましたよ。
                  直火は無理っぽいので、オーブンで。
                  やはり大きいのと、ウロコなどの繊細な模様が、
                  取り出すときに崩れちゃうので
                  これじゃあ鯛焼きは無理、と悟りました。
                  まあ、そもそも鯛じゃないし(苦笑)。
                  その後、これを何に使うかは決まってません。


                  小さいほうはね、なにかに使えるかな、と思ってるのですが、
                  鯛焼き失敗のダメージが大きくて何も作ってません。
                  あ、でもこんな使い方ならアリでしょ。


                  バターピラフの盛りつけに。
                  ただし、熱伝導がとても良いので、
                  熱いご飯を入れると、型を投げ出したくなりますが(笑)
                  もう〜!何に使えば???

                  よく見ると、ひっかけられる輪っかがあるし、飾っちゃう??



                  うーん。
                  なにに使うか、じっくりゆっくり考えていくとします。


                  posted by: マサミュ。 | - | 07:04 | comments(4) | - | - | - |

                  カカオの容器。

                  0
                     

                    カカオの容器 0.50ユーロ (製造元不明)


                    カップチーノ作るときとか、
                    ドルチェにふりかけたりとか、
                    カカオをかなりの頻度で使います。
                    いつも小さな茶こしを使ってふりかけていたんですが、
                    使って洗ったら完全に乾くまで再び使えない、という欠点が。
                    あー、カップチーノにふりかけたかったんだけど、
                    茶こしさっき洗ったばかりだよぉー、諦めよう!
                    ということが度々起こるので、
                    茶こしを3つも所持しています(笑)。

                    バールなんかだと、こういう容器を使ってて、
                    なるほどなー、いいなー、と思っていたんですよね。
                    その小さなサイズのもので、ほとんど使用感のないいい状態のものが
                    売られていたので買ってきました。


                    本体、網付きの中蓋、プラスチックの外蓋。


                    これにカカオを早速入れてみましてね。

                    大きさは、エスプレッソ用のデミタスカップ程度。
                    家庭用なら十分すぎるほどの容量です。
                    (一度にそんな大量には絶対に使わないですもんね)


                    そんなこんなで、カフェにドルチェに、
                    我が家で大活躍中。
                    買ってよかった!







                    posted by: マサミュ。 | - | 07:00 | comments(0) | - | - | - |

                    小さな魔法瓶

                    0
                       

                      水筒 3ユーロ (製造元不明)

                      昨年、友人が連れて行ってくれた教会のバザーで買いました。
                      ちょうど小ぶりな水筒を探していたのと、
                      色が自分好みだったのと、
                      中を開けたら内側がガラスの魔法瓶だったので即決。
                      昔ながらのガラスの魔法瓶が大好きなんです。


                      大きさはこれぐらい。500mlのペットボトルと比較。

                       


                      内蓋のこのかんじも好き。




                      難を言えば...

                      まず1つ目は容量が笑っちゃうほど小さいこと。
                      なんと140mlで満タン。
                      140mlって、この蓋をコップにして飲むと、なみなみ1杯で終了。
                      ええー、っと思いましたが、実際お出かけに持っていくと、
                      おにぎりタイムにはちょうどいい量だったりします。
                      (外のトイレ事情がよくない地ではそうそうガブ飲みしないので)

                      もう1つは、洗うのがちょっと面倒なこと。
                      なんと、分解するとこんなことになります。


                      蓋、内蓋、外カバー、魔法瓶、魔法瓶上部を固定するもの、パッキン、
                      底で魔法瓶を支える筒、と、全部で7パーツ。
                      自宅ではまあいいんですよ。
                      旅先の宿などで洗うのはちょっと面倒かも〜。
                      (まだ宿泊するような旅には持って行ってないですけどね)

                      上の写真、手に持ってる銀色が魔法瓶。
                      前述のとおり、内部はガラスでこんな感じ。


                      わかりにくいですが、外側の銀色の層の内側にガラス層。
                      なので、けっこう分厚いんですよね。
                      これが容量が少ない理由です。


                      最近は日本でも小型のステンレス魔法瓶が人気ですよね。
                      ちょっとした外出のときに本当に便利。
                      いつでも熱いお茶が飲めると思うと、心強いです。

                      3月になって、ぐっと春っぽくなったので、
                      昨日は海辺に出かけて、海岸沿いの岩の上でゆっくりしました。
                      日帰りの旅にはかならずおにぎりを持参。
                      お茶は家を出てから5時間ほど経ってましたが、
                      まだしっかり熱くて美味しかったです。




                      posted by: マサミュ。 | - | 16:30 | comments(0) | - | - | - |

                      革のハギレ

                      0
                          

                        革の切れ端 幅1.7mm×長さ220cm  0.50ユーロ


                        久々の蚤の市も収穫なし、が2週続いたので、
                        帰り際にこれを買いました。
                        革紐、というか、切れ端ですね。
                        色、長さ、幅、いろんな切れ端がぐじゃぐじゃと箱に入れられてて、
                        好きなものを選ぶ、という感じ。
                        どれでも1つ0.50ユーロ。
                        普通に革紐買おうと思っても、本革だとそんな値段じゃ買えないし、
                        お買い得だと思います。うん。

                         
                        ただ、本当に切れ端なので、裁断面が毛羽立ってます。


                        で、このケバケバ部分が、ポロポロ落ちていくのです。
                        これはいかん。処理をせねば。

                        で、捨てずに取っておいた、残り少ない爪用のトップコート登場。
                        長い長い裁断面、220cm×2面、えらく根気のいる作業でしたが、
                        せっせとがんばって塗りました。

                        イマイチ写真ではわかりにくいけれど、
                        上: Before
                        下: After

                        どうにかポロポロはおさまり、一件落着。


                        で、こちらは昨年買ったものの、イマイチ似合わず、2度ほどしか出番の
                        なかったニットの帽子。


                        これをなんとかしていきます。
                        内側に布つけて〜、ポケットつけて〜・・・・

                        こんな感じになりました。


                        冬のお散歩用ポシェット。

                        冬がおわらないうちになんとか仕上がってよかった。
                        明日はこれもって散歩にでも行くかなー。




                        posted by: マサミュ。 | - | 07:30 | comments(6) | - | - | - |